今日の読み物

2018年12月10日 第1115号

ニュースチェック

  • ・竹中平蔵氏等の暗躍が目に付く  (峰崎 直樹)pickup!
  • ・われわれの代表は「ご機嫌取り」か  (錦織 正文)
  • ・「異論のススメ」ならぬ「常識のススメ」  (天野 勝文)
  • ・真珠湾攻撃に重なる出入国管理法改正  (脇 正太郎)
  • ・「消費税が大迷走するワケ」に注目、財務高級官僚の戦略が裏目に  (峰崎 直樹)
  • ・ポケベルで見損なった『雲切仁左衛門』  (今西 光男)

ウォッチ

  • ・平和憲法を持つ二つの国の70年    (錦織 正文)
メディアウオッチ100
【2018年12月10日 第1115号】

ニュースチェック

2018年12月10日 第1115号 抜粋

竹中平蔵氏等の暗躍が目に付く

峰崎 直樹
 それにしても、稀にみる酷い臨時国会であった。外国人労働力を本格的に受け入れ始める第一歩となる入管法の改正ではあるが、重要な問題については殆どすべて法務省令などに委任するわけで、さすがの大島理森衆議院議長も全体像が確定次第、もう一度国会での論議する場を設定するという事を提起せざるを得なかった。
 来年4月からの改正法の施行にこれほどまでこだわったのは何故なのか、労働力不足の加速化を上げているが、そうした一般論だけではなさそうだ。背景には、どう見ても人材派遣業界の影がチラつく。外国人労働者を大量に受け入れ、民間企業の抱える労働力不足に対応して商売を拡大する意図を強く感じている。特に、これまで中小企業中心に、あまり評判良くない技能実習制度(約28万人に達する)を、大企業にも振り向けるべく戦略を描いていたのは、国家戦略特別区域諮問会議委員の竹中平蔵パソナ会長(人材派遣業大手企業)等と官邸におぼえ目出度い高級官僚の一部なのだろう。
 水道法の改正問題でも、コンセッション方式での民営化が進められることになったわけだが、何とここでも竹中氏(今度はオリックスの役員として)の名前が出てきているようだ。実際に世界的に水道事業を請け負ってきたフランスのヴェオリア社(民間水道事業に関与)関係者が、この改正に内閣府PFI推進室の一員として一時的に深く関与していたとも報ぜられ、菅義偉内閣官房長官の補佐官であった福田隆之氏が最近辞任している。その辞任にも水道の民営化が関わっていたと言われ、それが大きな問題になる前に辞任させたと言われている。利益相反が全く問題視されないとすれば、今の政府は公平な民主主義国家といえるのだろうか。一握りの悪徳政商とコンビを組んだ、疑惑まみれの政治家・高級官僚による『腐敗国家』に堕してしまっていると言えよう。

 (みねさき・なおき)元・民主党内閣財務副大臣。
メールマガジン購読お申し込みにて最新号をご購読いただけます。


デスクからの一言
 地球を飛び回る富裕層にとって、アキレス腱は空港での離発着かも知れない。極秘でプライベート機を利用しても、飛行計画を出さねばならないし、GPSでのルートや給油のための経由地発着は、情報機関に筒抜けだ。米英を中心とする情報ネットワーク「エシュロン」などの目を掻い潜って隠密行動をとるのは至難の業だ。羽田空港でのゴーン氏逮捕、中国通信大手の女性幹部の経由地バンクーバーでの逮捕も、そこを突かれた。複数の国籍、多くの旅券を所持していても、自由に動けない。(今西 光男)  

出版物のご紹介

このたび、メディアウオッチ100から「志高く WORK HARDで がんばらなあかん」玉井義臣 ― あしなが運動のすべてを語る が2012年9月10日(月)に出版されました。連載中から大反響のあった「あしなが運動半世紀の真相を語る」と題した連載記事を大幅に加筆した上に、東日本大震災の発生直後から動き出し、これまでに遺児2058人に各200万円、総計約41億円を送った救済活動や、これからの運動の重点にしているアフリカのエイズ遺児たちの救済活動への展望などを長時間のインタビューで存分に、語ってもらいました。本誌初出版です。詳しくは「出版物紹介」ページをご覧ください!

特別インタビュー

山岸 章 氏

連合初代会長

山岸 章 氏

いまだから語る・政権交代の真相と現実

2012年5年30日リリース

緒方 四十郎 氏

日銀理事OB

緒方 四十郎 氏

日本は今こそ経済再生にチャレンジを

2012年4年23日リリース

玉井 義臣 氏

あしなが育英会会長

玉井 義臣 氏

あしなが運動半世紀の真相を語る

2012年4年30日リリース

渡部 富哉 氏

社会運動家・社会運動研究家

渡部 富哉 氏

白鳥事件は冤罪ではなかった!

2012年3年16日リリース

杉原 泰雄 氏

憲法学者

杉原 泰雄 氏

危機の今こそ『憲法』を読み直そう

2012年2年15日リリース

小倉 純二 氏

財団法人・日本サッカー協会会長

小倉 純二 氏

2015年の時点で日本代表チームの世界トップ10入りを目指す!

2012年1年30日リリース

矢野 絢也 氏

元公明党委員長

矢野 絢也 氏

中央政界を45年間、見続けて

2011年12年14日リリース

福井 惇 氏

産経新聞OB・帝京大学名誉教授

福井 惇 氏

昭和の事件記者が吼える「記事は足で書け!」

2011年10年28日リリース

武村 正義 氏

元内閣官房長官・大蔵大臣

武村 正義 氏

今こそ新たな政治改革を実行する時だ

2011年9年9日リリース

野中 広務 氏

元内閣官房長官・自民党幹事長

野中 広務 氏

混迷の時代を斬る

2011年8年24日リリース

山崎 正和 氏

劇作家

山崎 正和 氏

新聞は責任感ある第4の権力であり続けてほしい

2011年7年18日リリース

本多 勝一 氏

ジャーナリスト

本多 勝一 氏

私のメディア論

2011年6年29日リリース

メディアウオッチ100とは

●新聞・テレビ・ネットで伝えられない情報を週3回発信
●新聞各紙OB や学者、弁護士、企業トップら同人186 人が執筆
●東日本大震災直前の2011 年3 月から発信、750 号を突破!
●特別インタビューで秘話を掲載(本多勝一氏、山崎正和氏、野中広務氏、武村正義氏、福井惇氏、矢野絢也氏、小倉純二氏、杉原泰雄氏渡部富哉氏玉井義臣氏緒方四十郎氏、山岸章氏
 詳細はメディアウオッチ100とは?ページをご参照ください。
  • Copyright© 2011-メディアウオッチ100 All Rights Reserved.